短期滞在ビザ必要書類

短期滞在ビザ必要書類

【一般的に日本側で準備する書類】

 申請書
 招へい理由書
 招へい理由書(数次)
招へい経緯書
申請人名簿
 滞在予定表
身元保証書
課税所得証明書
確定申告書控えのコピー
 会社、団体概要説明書
預金残高証明書
住民票
在職/在籍証明書
戸籍謄本
各種補足説明書
交友関係を証明する資料、写真
在留カードのコピー
パスポートのコピー

 

上記すべてを提出する必要はありません。来日を希望する申請人・日本に呼び寄せる招へい人・日本での身元保証人との関係や日本滞在の目的、期間、滞在場所などにより上記の書類から選択して申請人へ送付することになります。また、こちらにない資料が要求されることもありますので、適宜用意して送付します。

 

基本的には上記書類が必要書類となりますが、もしご自分で書類を用意されて海外にいる申請人へ送付する場合には、必ず在外公館(外国にある日本大使館・総領事館)のホームページにて必要書類を確認されてください。こちらでは参考までに在中国日本大使館・総領事館のホームページを掲載しておきます。

 

在中華人民共和国日本大使館・領事館

 

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

短期滞在ビザの延長(更新)

短期滞在ビザでの外国人の呼び寄せ方法

短期滞在ビザの滞在期間は何日?

短期滞在ビザ必要書類

短期滞在ビザが不発給後の再申請

ベトナム人の査証(VISA)申請手続き

横浜で就労ビザ専門の行政書士事務所

ビザ無料相談

 

相談は無料です

 

 
ビザ取得にあたってはわからないことがたくさんあるかと思います。その不安をできる限り少なくするためにも就労ビザに詳しい行政書士にご相談されることをお勧めいたします。
 
 
金森国際行政書士事務所では入国管理局への申請取次ができる代表行政書士が直接対応させていただきます。就労ビザについてはお任せください。
 
 
あんしん無料相談を承っています。お客様それぞれの事情に合わせた最適なご提案をさせていただき、許可取得を全力でサポートいたします。
 
 
 
 
 
あんしん
無料相談は
 
 
■お電話から10:00~20:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 
はじめての方専用ダイヤル
 
インターネットから24時間相談予約
 
 
 
 
 
 

無料診断受付中

就労ビザ

就労ビザ