トップページ > 「家族滞在」ビザから「永住者」ビザの許可取得につきまして

「家族滞在」ビザから「永住者」ビザの許可取得につきまして

2021-08-31

 

「 家族滞在」ビザから「永住者」ビザへの申請は、家族滞在ビザの方が単独で申請しても許可されません。

 

家族滞在ビザから永住許可申請をするためには、配偶者や両親と一緒に同時申請する場合のみ許可の可能性があります。家族滞在ビザをお持ちの方は、単独で申請できませんのでご注意ください。

 

 

 

「家族滞在」ビザから「永住者」ビザの許可取得につきまして

「家族滞在」ビザは、「技術・人文知識・国際業務」ビザや「高度専門職」ビザ、「技能」ビザといった就労系の在留資格をもつ本体者様に付随して取得されるビザです。

 

この本体者の方が永住申請の要件を満たす場合で永住申請をお考えの場合、できる限り「家族滞在」で在留するご家族も同時に永住申請してください。

 

もし本体者様が先に1人で永住許可を取得してしまうと、ご家族はビザの種類を変更しなくてはならなくなります。「家族滞在」ビザというのは就労系のビザに附随するもので、「永住者」に附随するものではないからです。

 

配偶者様は学歴や職歴があれば「技術・人文知識・国際業務」ビザなどへの変更も不可能ではありませんが、大変な労力が必要です。「家族滞在」ビザで在留していた子どもの場合には将来に渡り大変になりますので、ご家族一緒に永住許可申請をすることをおすすめいたします。

 

「家族滞在」ビザの居住要件緩和

現在「家族滞在」として日本に在留する方で、就労ビザを持つ本体者様が永住申請可能となった場合、その本体者様とと一緒に申請する場合は、10年以上の日本居住歴や5年以上の就労経験がなくても永住申請ができる場合があります。

 

どういうことかというと、本体者様と一緒に申請する場合に、申請人が永住者となった時点で家族滞在の方は「永住者の配偶者等」の身分になります。つまり「永住者の配偶者等」であったとみなされ審査における居住要件が下がります。

 

具体的には次のようになります。

 

  • 「家族滞在」ビザで在留する配偶者:婚姻後3年経過・1年在留で「永住者」申請可能
  • 「家族滞在」ビザで在留する子 :1年在留で「永住者」申請可能

 

つまり家族滞在(配偶者)の方は実態を伴った婚姻が3年以上経過し、かつ1年以上引き続き日本に在留していれば家族滞在の方も一緒に永住申請できます。子供は1年以上1年以上引き続き日本に在留していれば一緒に永住申請が可能です。

 
 
ご家族同時の永住申請依頼はこちら
045-225-8526
 
 
 

家族滞在から永住許可申請に必要な書類等

出入国在留管理局公表の資料をご覧ください

 

必要書類(家族滞在)

 

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます

永住許可申請が不許可になった場合の再申請

在留資格一覧
ビザの審査期間
横浜で就労ビザ申請なら
神奈川で就労ビザなら
ビザ無料相談

 

 

初回相談無料です

 

 

永住ビザは就労制限もなく、更新も必要ないので、どうしても取得したいという外国人の方は多くいらっしゃいます。

 

ただし、永住許可申請はほかのビザ申請と比べても要件が非常に厳しく、法務大臣の裁量も大きく働くため、取得するのが難しいビザです。ですが、要件をきちんと理解し、すべて満たすことができれば取得できないビザではありません。

 

また、今はまだ要件を満たさない方は、将来永住を取得するためにこれから始めること、この先暮らしていく中で気を付けることなど、専門家に相談することもできます。

 

チェックシートで現在要件を満たすと思われる方は初回30分相談無料です。

また、現在要件を満たさない方は、有料で将来永住ビザを取得するための相談をすることができます。

 

どちらも当事務所へ依頼された場合には、相談料を申請料金から割引させていただきます(実質無料)。

 
 
 
 
 
あんしん
無料相談は
 
 
■お電話から10:00~18:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 
 
 
永住者ビザのご家族同時申請依頼はこちら

045-225-8526

無料診断受付中

サービスのご案内

サービスのご案内