トップページ > 横浜で就労ビザ申請代行できる行政書士事務所

横浜で就労ビザ申請代行できる行政書士事務所

横浜で就労ビザ申請を代行します

 

横浜で外国人を雇用したい方

横浜で働きたい外国人の方

 

 

ビザの無料相談受付中

 

 

 雇用する外国人の就労ビザを取得したい

転職や中途採用のビザはどうなるの??

 自分で調べても正しい情報がわからない

 就労ビザを取得して神奈川県で働きたい

 自分で申請して不許可になってしまった

 

 

ご自分で就労ビザ申請に100時間かけてしまう前に、就労ビザ専門家に相談ができます。

 

年間相談件数500件以上。就労ビザにお悩みの雇用主様・外国人の方はお問合せ下さい。

 

横浜市内は無料訪問いたします

 

 

横浜の方専用ダイヤル(10:00~18:00)

 

ネットから24時間無料相談予約

 

 

技術・人文知識・国際業務ビザ取得6つのポイント

 

お客様の声

 
 

§ 国立大学院 留学生A様

 

・留学から技人国へ変更

・国籍:中華人民共和国

 

 

「私は博士前期・後期課程で障害児教育について専門的に勉強してきました。発達療育センターから内定をいただきましたが、初回のビザ申請は数カ月に渡る審査の結果、介護の資格が必要と言われ、「不許可」となりました。

 

そこで、2回目の申請で、プロの金森先生に頼みました。2回目は、1ヶ月も経たないうちに見事に取得できました。

 

1回目の申請で「不許可」となったにもかかわらず、短い間で就労ビザを取得できた理由は、金森先生の、①ビザに関する専門知識の豊富さと、②全力でビザ申請者をサポートする仕事の姿勢以外にほかありません。ビザ申請の過程で、悩みや相談を真摯に受け止め、いつも即時に的確なアドバイスをしてくださり、非常に信頼できる方であると思いました。

 

就労ビザの申請で悩んでいる方々も、ぜひ安心して金森先生にお任せください。

 

金森先生はビザ申請者のために、全力を尽くしてくださるので、きっとあなたの未来を開いてくださるのではないでしょうか。」

 
 
 
§ 鍵野 秀樹様
 
・建設会社取締役会長
・横浜商工会議所所属
 
 
 
 
「国は外国人と共に生きる新しいステージへと舵を切りました。金森さんの持つビザの専門知識やバイタリティ、そして国際感覚は、貴重な外国人材がこれから日本で活躍する為にきっと必要です。
 
目端が効き仕事に妥協しない真摯な姿勢で、今後もお客様に信頼と安心をもたらすに違いありません。弊社では過去に雇用できない外国人に内定を出してしまった苦い経験をして以来、金森さんに外国人のビザ手続きに関して顧問をお願いしており、弊社の外国人雇用やスタッフのビザにまつわる諸々の相談を受けてもらっています。ビザは複雑で手に負えないため、とても頼もしい存在です。」
 
 
ネットから24時間無料相談予約

 

 

 

横浜の外国人と就労ビザ

 

横浜は外国人純増数日本一!

 

近年横浜で働く外国人がとても増えています。全国でも屈指の巨大商業圏である一方、異国情緒を残す港町や整備されたインフラ、閑静な住宅街や緑の豊富な公園の数々など日本人からも大変人気のある都市である横浜は、外国人の間でもとても人気があります。

 

(全国の外国人増加数)

順位自治体都道府県外国人数5年純増数外国人比率(%)
横浜市神奈川県92,11716,7152.47
名古屋市愛知県77,66812,5593.41
川口市埼玉県32,28710,7525.42
新宿区東京都43,35410,37012.81
江戸川区東京都33,2189,8854.8
豊島区東京都28,7559,83710.11
福岡市福岡県34,3099,1522.26
川崎市神奈川県38,6518,9292.62
板橋区東京都24,1527,6104.33
10江東区東京都28,0007,3755.53

 

横浜は直近5年では全国で最も外国人の方の純増数が多い都市です。これから横浜という都市がさらに発展していくためには、外国人の方の力なしでは成り立たない時代が到来しています。

 

この町で共生し安心して暮らしていくためには、仕事は不可欠です。日本で長く働くために・働いてもらうために、ある程度のビザの知識は欠かせません。もし就労ビザで分からないことがありましたら、就労ビザを専門とする行政書士にご相談ください。

 

 中国人の多い自治体 TOP5

1.横浜市 (37,416人)
2.名古屋市 (22,734人)
3.川口市 (18,898人)
4.江戸川区 (14,556人)
5.新宿区 (13,841人)

 

 ベトナム人の多い自治体 TOP5

1.名古屋市(6,606人)
2.神戸市 (5,565人)
3.横浜市 (5,440人)
4.福岡市 (4,568人)
5.新宿区 (3,713人)

 

フィリピン人の多い自治体 TOP5

1.名古屋市(8,794人)
2.横浜市 (7,834人)
3.川崎市 (4,157人)
4.足立区 (3,597人)
5.浜松市 (3,592人)

 

ネパール人の多い自治体 TOP5

1.名古屋市(4,479人)
2.福岡市 (3,803人)
3.新宿区 (3,705人)
4.豊島区 (3,194人)
5.横浜市 (3,089人)

 

(2017法務省在留外国人統計参照)

 

Yokohama Port

 

 
条件を満たしても
ビザは下りない?
 
 
突然ですが
就労ビザのキモって
何だと思いますか?
 
 
「行政の裁量が大きいこと」
が答えですがビザが下りない
カラクリがここにあります。
 
 
 
 
「えっ?」
 
「条件を満たしても不許可?」

 

出入国在留管理局ではビザの要件のほか在留理由や家族構成、さらには国内外の情勢や国防まで考慮して審査します。

 

そのため「これを満たせば必ず許可」という画一的な許可基準はなく、一定の行政の裁量による許可・不許可の判断が認められています。ご自分で申請しても不許可になってしまうカラクリがこここにあります。

 

 
「ご存知でしたか?」
 
じつは出入国在留管理局ホームページ掲載のビザ申請書類とは、あくまでも「受け取ることはしますよ」という必要最低書類にすぎません。これらの書類だけ提出しても、残念ながら許可は取得できません。
 
このことを熟知しているビザの専門家は、ホームページ掲載の書類だけで申請することはほぼ100%ありません。
 
あなたのビザを確実に取得するためには、あなたの申請に必要な書類を考え抜き、あなたの許可の可能性を高める書類を追加して申請します。また、許可の可能性を下げてしまう書類は提出しないことも大切です。
 
あなたの許可取得の可能性を極限まで高めるために、ビザの専門家をフル活用するというのもひとつの方法です。
 


 
 
 
ビザについて
 

一般的に普及している「ビザ」とは法律的に正しくは【在留資格】といいます。外国人が日本に滞在し、活動することができる資格のことです。

 

このサイトでは在留資格のことをあえて一般的に使用されている「ビザ」と表記し、「ビザ=在留資格」の意味で使用しています。ご了承ください。

 
金森国際行政書士事務所が選ばれる

 5つの理由

 
1.ビザだけを専門とする行政書士です
 
当事務所はは産業廃棄物の許可申請はできません。
 
 
ビザという業務を選択しそこにすべてを集中させた、ビザ特化専門事務所だからです。
 
横浜には数多く行政書士がおりますが、当事務所はその中でも数少ないビザだけを専門とする行政書士事務所です。
 
当事務所はビザ専門店です。常にビザの情報をアップデートし、その時間と情熱をすべてビザの業務に費やしているので、ビザに関する年間相談件数が500件以上と、専門性と取扱量が違います。さらに専門家しか知りえない入管事情や許可事例が豊富で、その結果お客様のビザ取得につながり、選ばれている理由となっているのかもしれません。
 
 
あなたが入手された情報はいつの情報でしょうか?古くなって使えなくなってしまった情報を信じて、本来取得できたはずのビザを取得できなかった方が多くいらっしゃることがとても残念でなりません。 すこしでも不安がある方は、最新の情報を熟知した専門家のサポートを利用することをおすすめいたします。
 
 

 

2.申請取次行政書士が直接対応します

 

無資格者や補助者が対応することはありません

 

当事務所ではご信頼をいただき、ご契約いただいてから先も、担当者が代わるということはございません。お客様の不安やお悩みを最後まで有資格者が責任をもって解決・対応させていただきます。

 

外国人の方の人生を方向付ける大切なビザの取得です。あらゆる可能性を考慮し、ビザを取得される方が最高の未来を迎えられるようにお手伝いをさせていただきます。

 

 

担当させていただく行政書士は海外駐在で自身の就労ビザを取得し、取得の難しさや異国での生活に苦労した経験がございます。日本で奮闘される外国人やあなたの採用される外国人の「ビザ取得」という結果に向けて全力を尽くすことをお約束します。

 

 

 
 
3.貴重な時間を確保できます
 
「100時間を申請にかけるよりも他にやるベきことがある」というアウトソーシングの視点で考えるお客様が増えています。
 
あなたは経営者や企業の採用担当者か、これから日本で活躍される外国人で、他にやるべきことがたくさんある多忙な方であるかと思います。
 
 
申請が初めての方は、人によっては100時間かかるというデータがあります。書類の多さと複雑さに驚かれ、途中で挫折される方もいます。
 
 
 
平日の日中に数々の役所や大使館等へ何度も足を運ぶこととなりますが、出入国在留管理局では一般の方は予約をすることができないので、【参考】のように長時間待つことを想定したスケジュールを組むこともお考え下さい。また、このようなタイミングで飛び込まないよう、どうかお気を付けください。
 
 
【参考】ある日の東京出入国在留管理局横浜支局のツイッター情報です

 

午前11時現在の駐車場状況です。空き台数なし、待ち台数21台、公共交通機関のご利用をお願いします。

 

本日午後2時現在,1217番まで発券しています。今521番の方までお呼びしております。混雑しています

 
 
どうぞ丸投げしてください
 
あなたがビザ申請にかける時間はほかに生産的な仕事ができず、この業務にかかりきりとなります。何よりも「貴重な時間は大切な本業のほうに注ぎたい」という想いが、専門家に業務をアウトソーシングされるお客様の偽らざる本音のようです。
 
 
4.駅徒歩2分。お仕事帰りの相談OK
 
 横浜スタジアム・横浜中華街近く
 
 
 
 
【相談時間は平日10:00~20:00】(ご予約のお電話は18:00まで)
お仕事帰りの時間帯にも十分対応しております。お急ぎのご相談には土日祝日も対応可能ですので、お気軽にご相談ください。横浜市内のお客様のみ、無料で訪問サービスも行っておりますのでぜひご利用ください。
 
 
【最寄駅からの所要時間】
 
JR「関内」駅より徒歩2分
みなとみらい線「日本大通駅」より徒歩8分
市営地下鉄「関内駅」より徒歩6分
 
 
【主要駅からの所要時間】
 
JR「横浜駅」より10分
JR「川崎駅」より22分
JR「藤沢駅」より33分
JR「渋谷駅」より40分
 
 
 
 
5.不許可リスクにあんしんの返金保証
 
 万が一不許可という結果となった場合、あんしん返金保証サービスがございます。
 
 
これは行政書士という普段会うことのない人間に依頼することへの不安と、ビザの許可が出なくても行政書士料金は発生してしまうというリスクを解消することを目的としたサービスです。
 
お客様のケースに合わせてあらゆる方面から詳細に検討し、許可という結果をお届けするために全力を尽くすという決意の表れだとお考え下さい。万が一許可が下りなかった場合には無料で再申請をいたします。最終的に不許可の場合には着手金全額を返金する成功報酬制です。
 
※一部返金に応じられない不許可の可能性が高いケースなどもございます。内容についての詳細は返金保証規定を必ずご覧ください。
 
 
 
 
 
横浜の行政書士事務所はどこも同じ?

7つの違い

 
1. ビザ特化の専門事務所です!
2. 代表行政書士が直接サポート
3. スピーディーな申請をお約束
4. 完全個室でプライバシー配慮
5. あんしんの成功報酬制度です
6. 緊急相談なら土日祝日もOK!
7. 駅徒歩2分!良好なアクセス!
 
 
 
就労ビザお役立ち情報
 
 
■ 審査期間はどのくらいですか?
■ 外国人採用面接で質問すること
■ 外国人採用で注意することは?
■ 中途採用で注意することは何?
■ 就労ビザを取得してから内定?
■ 外国人に社会保険の適用ある?
■ 留学生の就労ビザはいつ変更?
■ VISA とビザって何が違うの?

■ 入国管理局への問合わせ先は?
■ 雇用契約書作成時の注意点は?
■ 就労ビザで失敗しないためには
■就労ビザの申請に必要書類は?
 
 
 
日本で起業したい外国人の方
ご自分で申請する場合との比較
就労ビザQ&A
 
 
 
 
 
このような方の

 お役に立てます!

 
 
来春卒業する留学生の採用担当様
転職を予定の外国人の採用担当様
企業内転勤の外国人の採用担当様
日本で起業をお考えの外国人の方
 
 
 
かんたん

サービスの流れ

 

 

ご依頼
【お客さま】

 

 

 

無料相談フォーム記載の上送信いただくか、直接お電話ください。
相談は完全予約制です。

 

 

無料相談
【当事務所】

 

 

 

当事務所にて、ビザに関するお悩み・問題点をお伺いいたします。ご相談後、正式依頼の場合、お支払い方法等をご説明いたします。

 

 

 

必要書類リスト
【当事務所】

 

 

 

受任後、お客様に集めていただくビザ申請の『必要書類リスト』をお渡しします。

 

 

必要書類準備
【お客様】

 

 

お客様にお渡しした『必要書類リスト』に沿って、お客様に書類を収集していただき、メール・郵送にて送付していただきます。ご不明な点はどうぞお気軽にお問い合わせください!

 

書類作成・
申請準備
【当事務所】

 

当事務所でビザ専門の申請取次行政書士が申請書類作成・準備を行います。

 

署名・押印
【お客様】

 

当事務所からお客様へ署名・押印の必要な書類を郵送いたします。指定箇所に署名・押印の上、返送いただくだけです。

 

申請
【当事務所】

 

申請はもちろん当事務所で行いますので、お客様に出入国在留管理局へ出向いていただく必要はございません。

追加書類
【お客様】

入管当局より追加書類通知があった場合、当事務所へのご提出をお願いいたします。

 

許可取得
おめでとう
ございます

 

当事務所に結果が通知されます。許可が出ればお客様に残り代金をご精算をいただき、新しい在留カードのお渡しという流れになります。
 
 
※万が一不許可の場合には、無料にて再申請いたします。再申請の結果不許可の場合、着手金を全て返金いたします。(返金保証規定をご覧ください)
 
 
 
無料相談という方法が

あります

 
 

 

相談無料です

 

 
ビザ取得にあたってはわからないことがたくさんあるかと思います。その不安をできる限り少なくするためにも就労ビザに詳しい行政書士にご相談されることをお勧めいたします。
 
 
金森国際行政書士事務所では入国管理局への申請取次ができる代表行政書士が直接対応させていただきます。就労ビザについてはお任せください。
 
 
あんしん無料相談を承っています。お客様それぞれの事情に合わせた最適なご提案をさせていただき、許可取得を全力でサポートいたします。横浜市内のお客様は無料での訪問相談もご利用いただけます。
 
 
無料相談をしたからといって委任しなければならないわけではありません。安心してご相談ください。
 
 
 
 
 
  あんしん
  無料相談は
 
 
■お電話から10:00~18:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 
横浜の方専用ダイヤル
 
 
24時間ネットから無料相談予約
 
 
 
 
※お客様の大切なビザに関わる判断を誤らないために、お電話やメールでビザ取得方法や詳細な必要書類のお問い合わせは行っておりません。 
 
 
対応エリア
 
 
 
 

神奈川・東京・
千葉・埼玉
横浜市内無料訪問
 
 
 
 
 
 
<無料訪問可能エリア>
横浜市青葉区旭区磯子区泉区神奈川区金沢区港南区港北区栄区瀬谷区都筑区鶴見区戸塚区中区西区保土ヶ谷区緑区南区
 
アクセス
 
横浜スタジアム・横浜中華街そば
 JR関内駅から徒歩2分
 
 
 
Google mapはこちら
 
 
【最寄駅からの所要時間】
 JR「関内駅」南口より徒歩2分
 みなとみらい線「日本大通駅」より徒歩8分
 市営地下鉄「関内駅」より徒歩6分
 
 
【主要駅からの所要時間】
 JR「横浜駅」より10分
 JR「大船駅」より27分
 JR「二俣川駅」より24分
 JR「あざみ野駅」より分36分
 
 
 
【完全個室】
安心して相談していただくために、完全予約制でプライバシーを配慮したスペースを確保してお待ちしております。
 
【お車でお越しのお客様】
駐車場のご用意がございません。お近くのコインパーキングをご利用願います。
 
 
 
事務所名金森国際行政書士事務所
(外国人雇用・就労ビザステーション運営)
所在地

〒231-0027 
神奈川県横浜市中区扇町1-1 
キンガビル4階 (1階受付)

アクセスJR根岸線関内駅徒歩2分
みなとみらい線日本大通り駅徒歩8分
市営地下鉄ブルーライン関内駅徒歩6分
TEL045-225-8526
FAX045-225-8527
e-mailinfo@visa-station.jp
営業日・営業時間平日10:00~20:00
電話相談・予約は平日10:00~18:00
休業日

土日祝日
(予約により休業日の相談可能です)

 

代表者プロフィール

 

金森国際行政書士事務所代表
金森 大(かなもり だい / Dai Kanamori)

 

「こんにちは!ビザ専門の行政書士、金森です。横浜の関内駅近くで開業しています。私もはじめて海外で働いた際に自身の就労ビザを取得しました。とても大変で不安な気持ちで何カ月も過ごしたことを覚えています。

 

このビザの取得という手続きはほとんどみなさんはじめてのお客様ばかりです。何からはじめればいいのかわからない、ビザが取れるか不安だという気持ちはみなさん同じで、その気持ちはとてもよく分かります。

 

ビザのこと、ぜひ何でも聞いてください。一緒にベストな方法を考え、ビザ取得という結果を手にしていただきたいと思います。」

 

1972年 北海道小樽市生まれ
1991年 神奈川県立麻溝台高等学校卒業
1996年 法政大学経済学部経済学科卒業

 

国際物流会社にて海外業務に従事。アジア・中南米向け輸出事業部、本社海外業務部を経てブダペスト駐在員事務所立ち上げ・同所長として駐在。帰国後、行政書士試験合格。横浜にて開業。

 

 

 

あんしん無料相談の


 お申し込みはこちら 

 

はじめてのお客様専用ダイヤル 
平日10:00~18:00(相談は20:00まで)
 
 
 
東京出入国在留管理局

横浜支局情報

 
所在地236-0002
神奈川県横浜市金沢区鳥浜町10-7

地図を見る
窓口受付時間

9時~16時
(土・日曜日,休日を除く)

※現在コロナウイルス感染防止に伴い、15時で受付終了です。

 

被収容者への面会・物品授与については9時~11時,13時~15時(土・日曜日,休日を除く)

名称電話番号業務内容
総務課045-769-1720
総務・人事・会計等
就労・永住審査部門045-769-1721在留審査一般(就労・永住)
留学・研修審査部門045-769-1722同上(留学・研修・短期滞在)・海港業務
審判部門045-769-1723違反審査一般
企画管理・調査部門045-769-1725退去強制業務(出頭申告等)
045-769-1726退去強制業務(情報受付)
 
 
 
 
※当事務所は出入国在留管理局ではなく横浜にある就労ビザ専門の行政書士事務所です
※就労ビザに関するご質問は、下記電話番号またはお問い合わせフォームからご相談ください。
 
 

無料診断受付中

就労ビザ

就労ビザ