トップページ > VISA(査証)とビザ(在留資格)の違い

VISA(査証)とビザ(在留資格)の違い

2019-01-18

2020-05-24

 

VISA(ビザ)について検索すると、「査証」と「在留資格」という異なる2つのことばが出てきませんか?

 

実は「査証」と「在留資格」は全く違います。

 

VISAとは本来「査証」を意味し、日本に入国するために必要ですが、しばしば日本入国後に適法に日本で活動するための資格である「在留資格」と混同して使用されています。

 

知りたい情報がどちらなのかを区別しないと、問い合わせた際に話が食い違ってしまいますのでお気をつけください。

 

 

VISA:査証【外務省】

VISA(査証)

『日本に入国するために必要』

 

あえて英語表記で「VISA」と書いたのはこの後の「ビザ」と区別して考えるためです。この2つは全く別のものとお考え下さい。

 

まずこのVISAとは、パスポートに表記のある通り「査証」を意味し、パスポートが有効であることや申請人を日本に入国させても支障はないという本国の在外公館から発給される推薦状のような性格を持ちます。

 

在外公館というのは、本国にある日本大使館・日本総領事館またはこれらに代わる機関のことです。VISAが発給されるとパスポートのVISAと表記されたページいっぱいに顔写真入りの日本国査証が添付されます。

 

 

 

 

あくまでも外務省からの推薦状なので、法務省(出入国在留管理局)とはその審査主体が異なることから、VISA(査証)が発給されても100%入国を保証されません。ごく稀にですが、VISA(査証)が発給されても日本の空港における上陸審査で入国を許可されないことがあり、その場合には日本に入国できません。

 

このVISA(査証)の申請はお伝えした本国の在外公館に現地在住の外国人ご本人が申請します。フィリピンなど国によっては混雑を避けるため、本人申請ではなく旅行会社などの外部委託機関に代理申請を依頼する必要があります。

 

申請の結果、VISAが不発給となった場合、後述のビザ(在留資格)の場合と異なり、不発給の理由を聞いても一切回答はしてもらえません。またこの不発給の場合、同じ目的で申請をしても6カ月は受け付けてもらえないので注意が必要です。

 

■シングルビザとマルチビザ

なお、VISA(査証)に記載されているNo.of.entriesという欄の「SINGLE」「MULTIPLE]というのは、SINGLEは期間内に一度だけ日本に入れますよ、ということを意味し、MULTIPLEは期間内に何度でも日本に入れますよ、ということを意味しています。

 

どちらにするかは申請時に選択できますが、手数料が異なります。手数料額はそれぞれ邦貨換算で、SINGLE(一次有効ビザ)は約3,000円、MULTIPLE(数次有効ビザ)は約6,000円です。

 

 

 

この「MULTIPLE」のVISAを持っている方は在留カードがなくても海外へ出国する場合に「再入国許可」を申請する必要がありません。

 

 

観光VISAなど日本招へい依頼はこちら

 

 

ビザ:在留資格【法務省】

ビザ(在留資格)

『日本に入国後、滞在するために必要』

 

あなたをはじめ、一般の日本人がよく使う意味でのビザはこちらのことです。

 

・就労ビザ
・結婚ビザ
・永住ビザ

 

日本ではこの「ビザ」という言い方が一般的で広く普及して浸透していますが、「ビザ」とは、法律的に正しくは「在留資格」といい、日本の出入国在留管理局で取得します。

 

このビザ(在留資格)とは適法に日本に滞在するために必要なもので、それぞれのビザ(在留資格)において、日本国内において活動することができる内容・範囲が決められており、1人につき1つしか付与されません。

 

 

このサイトではわかりやすさを優先するためにあえて「ビザ」と表記し、「ビザ=在留資格」の意味で使用していますので、ご了承ください。

 

 

出入国在留管理局や法律書には次のような書き方・使われ方をしていますが、上記と同じ意味です。

 

・就労系の在留資格
・日本人の配偶者の在留資格
・永住者の在留資格

 

ビザ(=在留資格)は日本の出入国在留管理局で申請手続きをしますが、ビザ(=在留資格)交付(許可)の申請をして不許可になった場合に一度だけ不許可理由を説明してくれるところはVISA(=査証)とは異なる点です。また、不許可の場合でもすぐに再申請できるところもVISA(=査証)とは異なります。

 

就労ビザ申請依頼はこちら

 

 

 

 

この記事を読んだ方は次の記事も読んでいます

在留資格一覧

在外公館リスト

ベトナム人のVISA(査証)申請

技術・人文知識・国際業務ビザ

在留資格認定証明書(COE)交付の流れ

ビザ無料相談

 

 

 

 

 

 

相談無料です

 

 

 
ビザ取得にあたってはわからないことがたくさんあるかと思います。その不安をできる限り少なくするためにも就労ビザに詳しい行政書士にご相談されることをお勧めいたします。
 
 
金森国際行政書士事務所では入国管理局への申請取次ができる代表行政書士が直接対応させていただきます。就労ビザ(在留資格)や観光ビザについてはお任せください!
 
 
あんしん無料相談を承っています。お客様それぞれの事情に合わせた最適なご提案をさせていただき、許可取得を全力でサポートいたします。下記の電話かインターネットからお申し込みください。
 
 
 
 
あんしん
無料相談は
 
 
 
■お電話から10:00~18:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 
はじめての方専用ダイヤル
 
ネットから24時間無料相談予約
 
 
 
 
 
 
 
 

 

無料診断受付中