トップページ > 在留資格認定証明書(=COE)交付前後の流れをかんたんに説明

在留資格認定証明書(=COE)交付前後の流れをかんたんに説明

2019-12-30
2021-08-24
 
 
就労したい外国人等を海外から呼び寄せたい場合、一般的には日本の入管で交付された「在留資格認定証明書(=COE)」を本国の外国人に国際郵便で送付し、在外日本大使館(または日本総領事館)へ査証(VISA)発給申請するという方法をとります。はじめて聞くという方も多いのではないでしょうか?
 
ここでは順を追って、COE交付前後の流れを説明しています。
 
 
 
 

在留資格認定証明書(=COE)交付後の流れをかんたんに説明

こちらはよく「認定証明書」や「COE:Certificate of Eligibility」と呼ばれ、海外にいる外国人を日本に呼び寄せるための大切な書類です。このCOEをビザと呼ぶことも多くありますが、実際のVISAは、本国の日本大使館や日本総領事館で発給されます。
 
このCOEを取得するために雇用主の方や人事担当者様は苦労されています。
 
日本にいる外国人の方で、母国の家族や仲間を呼び寄せようとご自分で申請しようとして、あまりの複雑さにあきらめてビザを専門とする行政書士に依頼される方も多くいらっしゃいます。
 
ここではその複雑な在留資格認定証明書の交付申請を、少しでもわかりやすくするために上記のチャートをもとに流れを追ってみました。
 

【行政書士に依頼した場合の一般的な流れ】

 

①外国人が日本の企業と雇用契約を締結する
②日本の企業が日本の行政書士に在留資格認定証明書の交付申請を依頼する
③日本の行政書士は入管に在留資格認定証明書の交付申請をする
④在留資格認定証明書が交付される(郵送)
⑤企業は海外にいる外国人に在留資格認定証明書を送付する
⑥外国人は本国の日本総領事館に在留資格認定証明書を提出しVISA(査証)の取得を申請する
⑦本国の日本総領事館からVISA(査証)が発給される
⑧外国人はVISAが添付されたパスポートを持って来日する
⑨日本で上陸審査を受け、上陸と共にVISA(査証)は失効する
(主要空港では)日本で滞在するための在留カードが発行される

②③は複雑ですが日本在住の方で一定の方は申請をすることも可能です。

 

外国人を本国から呼び寄せたい雇用主様や外国人の方が最も頭を悩ませるのが②と③なので、ここの部分を行政書士に依頼される方が多いようです。

 

在留資格認定証明書の交付と審査期間

外国人が来日するためには、原則として在外公館(日本大使館や日本総領事館)でVISA(=査証)を発給してもらいます。その発給のために、「在留資格認定証明書」を交付してもらう申請を出入国在留管理局に対して行います。審査期間は人それぞれですが、1カ月~4か月程度です。

 

審査期間について詳しくはこちら
就労ビザの審査期間

 

「在留資格認定証明書」とは、日本に入国しようとする外国人について、その滞在目的が日本の入管法によって定められた資格要件を満たすものであることを、ビザ取得に先立ってあらかじめ法務大臣が証明したものです。この証明があれば、在外公館(日本領事館)でのVISA(査証)取得や入国に際しての上陸審査がスムーズに運びます。

 

 

 

交付の場合はこちらのような認定証明書が届きます。この認定証明書を本国の申請人に送り、申請人はこの認定証明書とパスポート他申請書類一式を持って本国の在日本大使館・領事館にVISA(査証)発給のための申請に行くという流れです。

 

その後は国によって異なりますが、1週間~2週間程度で査証が発給されます。パスポートに査証のスタンプを貰い、日本の空港や港でで上陸許可を貰います。この際に認定証明書は回収されます。

 

在留資格認定証明書の有効期間は交付の日から3ヶ月ですので、それまでに日本に入国できるようなスケジューリングが大切です。交付後3か月以内に来日しなければ無効となります。なお、コロナ禍の2021年8月現在は、認定証明書(COE)の有効期限は原則として交付の日から6ヵ月となっています。また、コロナ感染拡大等の状況により、その後の延長措置もあり得ます。

 

特別なケースですが、外国人本人が既に短期滞在ビザで入国している場合で、短期滞在で在留中に認定証明書が発行された際合には、在留資格の変更申請を行うことにより、出国せずにそのまま滞在できる可能性があります。特別なケースなので、専門家にご相談ください。

 

VISA(査証)について

VISA(査証)は日本入国のための条件の一つですが、必ずしも入国を保証するものではありません。有効なVISA(査証)を取得しても、入国審査官はさらに上陸審査時にその外国人は有効なパスポートを所持しているか、入国目的に虚偽はないか等を審査しますので、この時虚偽申請あるいは上陸拒否事由に該当すると判断すれば、入国の拒否をすることができます。

 

また、本国の在外公館でこのVISA(査証)は発給されますが、日本から受入れしてもいいですよという意味の認定証明書が交付され、本国の外国人本人に送られても、本国の在外公館でVISA(査証)発給申請をしても発給されないケースが稀にあります。

 

ただし、在外公館ではVISA(査証)不発給の理由は決して教えてくれません。日本の入管が知りえない府発給理由を現地の大使館等が把握している場合がこのケースに該当しますが、この場合には認定証明書が交付されたとしても、VISAが発給されず、本人は来日できません。

 

大使館等でのVISA不発給についてはこちら
領事館でのVISA不発給

 

コロナ禍でも入国可能??

コロナ禍の2021年8月現在において、認定証明書が交付されていても、新規で就労系のビザで来日することはできないのが原則です。今後、コロナかが収束し、入国拒否の措置が緩和されるにつれ、査証申請をしている方から順次査証(VISA)が発給されていくものと思われます。

 

その際には、従来には必要なかったPCR検査の陰性証明書や各種アプリのインストール、招へいする日本人が所属する企業等法人発行の誓約書や機内での質問票の入力など追加的な措置がとられることが想定されますので、詳細は各国の在外日本大使館ホームページや外務省および厚労省ホームページをよくご確認ください。

 

この記事を読んだ方は次のような記事も読んでいます

技術・人文知識・国際業務(技人国)ビザ
技術・人文知識・国際業務ビザ必要書類
企業内転勤ビザ
高度専門職ビザ
高度専門職(高度人材)ビザとポイント制
医療ビザ
介護ビザ
教授ビザ
教育ビザ
研究ビザ
芸術ビザ
興行ビザ
インターンシップ(特定活動ビザ・短期滞在ビザ

VISA(査証)とビザ(在留資格)の違い
外国人雇用と雇用契約書作成時の注意点(サンプル付)
外国人雇用(就労ビザ)でもっとも注意することは?
外国人を採用面接する際の質問事項
外国人採用のプロセス(海外から呼び寄せる場合)
外国人と社会保険の適用 
就労ビザと中国の学歴
就労ビザとフランスの学歴
自分でビザ申請する場合との比較
横浜で就労ビザ申請なら
神奈川で就労ビザなら
在留資格一覧
地方出入国在留管理局
就労ビザの審査期間
ビザ無料相談

出入国在留管理局への問い合わせ

ベトナム人のVISA(査証)申請手続き

 

 

 

 

相談無料です

 

 
ビザ取得にあたってはわからないことがたくさんあるかと思います。その不安をできる限り少なくするためにも就労ビザに詳しい行政書士にご相談されることをお勧めいたします。
 
 
金森国際行政書士事務所では入国管理局への申請取次ができる代表行政書士が直接対応させていただきます。認定証明書のことや就労ビザについてはお任せください。
 
 
あんしん無料相談を承っています。お客様それぞれの事情に合わせた最適なご提案をさせていただき、許可取得を全力でサポートいたします。
 
 
 
 
 
あんしん
無料相談は
 
 
■お電話から10:00~18:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 

無料診断受付中

就労ビザ

就労ビザ