トップページ > 就労ビザの審査期間

就労ビザの審査期間

2018-10-21

2019-12-2

 

私のビザ、許可出ましたか?

 

いちばん気になるところだと思いますが、いつも答えは「いま審査中です。もう少しお待ちいただけますか?」ではないでしょうか?

 

出入国在留管理局からは審査に入ると途中経過は一切教えていただけないので、いったいいつ許可が出るのかと、とても不安な時間を過ごすことになります。

 

そこで、ここでは審査期間のおおよその目安をお伝えしますので、参考になさってください。

 

すぐに審査期間を知りたい方はこちら

在留審査処理期間の目安

 

 

 

審査期間が一定ではない理由

 

案件によって、申請者によって、審査期間は個別具体的でばらばらです。なぜばらばらになるか、その理由は主に3つあります。

 

 

それぞれ見ていきましょう。

 

本人と会社それぞれ背景が異なるため

出入国在留管理局では、本人のビザ取得要件の審査のほかに会社等受け入れ機関の審査も同時に行われることがほとんどです。

 

許可を出したり、交付をするためには外国人が日本で安心して就労・生活できるような受け入れる機関の継続性・安定性も求められます。会社の規模や経営状態によっては説明が別途必要なこともあり、審査期間にばらつきが出ます。

 

そして当然本人の審査があります。過去に日本で問題を起こしていたり、追加資料を必要とするケースなどは必然的に審査期間が長くなります。

 

ですので、同じ母国で同じ年齢の友人のビザが下りたからと言って、必ずしも自分のビザも下りるとは限りません。入国管理局はさまざまな角度からさまざまな情報を考慮して許可・交付します。2人が全く同じ状況での申請ということはあり得ないので、どうしても審査期間にばらつきが出ます。

 

申請の種類によって審査にかかる時間が異なるため

外国から呼び寄せる場合と、日本にすでに入国・就労していてビザの種類を変更等する場合では審査期間が異なります。

 

具体的には「認定(呼び寄せ)」「変更」「更新」がありますが、認定→変更→更新の順に審査期間が短くなっていきます。海外から呼び寄せるよりも、日本に生活の拠点を置き、すでにビザを持っている外国人の変更や更新のほうが審査期間が短いというのは納得かと思います。

 

また、海外にいる外国人の方は基本的に在留期限が切れてしまうという心配がないので、海外から呼び寄せる「認定」については入管の内部的には優先的に審査しなくてはならないという縛りがないようです。

 

反対に、日本に在留している外国人の場合にはビザに在留期限がありますので、期限が切れてしまう前に結果を出さなければならないということで、「変更」と「更新」は「認定」よりも優先して審査されるようです。

 

そして、申請の種類による審査期間のばらつきとともに、ビザの種類によっても審査期間は大幅に異なります。こちらのビザの種類による違いについては、このあとに記載の在留審査処理期間の目安を参照願います。

 

出入国在留管理局における繁忙期が影響するため

これはよく言われることですが、出入国在留管理局は例年2月~5月は繁忙期にあたり、大変混雑します。審査官一人が抱える案件が増えるということは、どうしても許可が下りるまでに時間がかかるということです。

 

この時期に申請したビザは、結果が出るまでに他の時期に比べ審査期間が長くなる傾向にあります。

 

 

在留審査処理期間の目安(一覧表)

 

あらかじめある程度の審査期間を知りたい。こんな声を受けて、2017年度より全国の地方出入国在留管理局において在留審査の処理期間の平均日数を公表しています。

 

ここでは2019年7月1日~9月30日についてまとめてみました。なお、四半期ごとに法務省のホームページで公表されていますので、詳しく知りたい方はこちら「在留審査処理期間をご参照ください。

 

こちらはあくまでも平均値です。審査期間には時期的なものなどかなり個人差がありますので、あくまでも目安としてお考え下さい。近年審査期間が長期化する傾向にあり、こちらの期間の2倍程度の審査期間がかかるということもよくあります。

 

【在留審査処理期間】2019年7月~9月許可分)(数字は日数)

ビザの種類認定変更更新
教授18.5 26.3 27.1
芸術24.929.632.5
宗教44.5 19.2 29.5
報道7.319.0 30.5
高度専門職1号イ20.824.7 
1号ロ20.630.9 
1号ハ34.044.0 
2号 56.9
経営・管理87.757.332.5
法律・会計業務45.527.325.8
医療31.837.436.6
研究24.030.725.1
教育24.930.5 29.0
技術・人文知識・国際業務50.541.8 31.4
企業内転勤32.5 11.8 30.0
介護63.3 36.6 31.3
興行21.56.4 23.7
技能66.925.5 27.6
特定技能1号70,063.7
技能実習1号イ 24.3 42.0
1号ロ 22.629.6
2号イ30.8 38.5
2号ロ 20.430.5 37.5
3号イ26.3 72.6 32.2
3号ロ24.5 67.9 34.4
文化活動24.529.8 26.9
短期滞在-   6.57.8
留学54.126.2 41.9
研修26.3  11.0 14.8
家族滞在55.0 27.329.1
特定活動38.3 51.4 30.4
日本人の配偶者等67.131.6 34.0
永住者の配偶者等78.135.2 34.2
定住者89.034.8 37.4

(参考:法務省出入国在留管理局ホームページ)

 

 

 

 

 

この記事を読んだ方は次のような記事も見ています

技術・人文知識・国際業務(技人国)ビザ
技術・人文知識・国際業務ビザ必要書類
企業内転勤ビザ
高度専門職ビザ
高度専門職(高度人材)ビザとポイント制
医療ビザ
介護ビザ
教授ビザ
教育ビザ
研究ビザ
芸術ビザ
興行ビザ
インターンシップ(特定活動ビザ・短期滞在ビザ

VISA(査証)とビザ(在留資格)の違い
在留資格認定証明書(COE)交付の流れ

外国人の転職と就労資格証明書
外国人雇用と雇用契約書作成時の注意点(サンプル付)
外国人雇用(就労ビザ)でもっとも注意することは?
外国人を採用面接する際の質問事項
外国人採用のプロセス(海外から呼び寄せる場合)
外国人採用プロセス (日本にいる留学生・転職者を採用したい)
外国人雇用状況の届出
外国人と社会保険の適用 
各国との社会保障協定(保険料の二重負担防止)
外国人が帰国する際の厚生年金の脱退一時金とは
外国人と労災保険の適用
外国人のマイナンバーカードについてかんたんに説明
就労ビザと中国の学歴
就労ビザとフランスの学歴
自分でビザ申請する場合との比較
横浜で就労ビザ申請なら
神奈川で就労ビザなら
在留資格一覧
就労ビザの審査期間
ビザ無料相談

出入国在留管理局への問い合わせ

外国人アルバイトQ&A(FAQ)
資格外活動許可と外国人アルバイト雇用
就労ビザを持つ外国人が就業時間外にアルバイトできる?

不法就労で罰せられるのは外国人従業員だけじゃないですよ

ビザ申請に必要な納税証明書はどこでもらえる?

ベトナム人のVISA(査証)申請手続き

短期滞在ビザでの外国人呼び寄せ方法

何歳まで子どもを家族滞在ビザで呼ぶことができるか

家族滞在ビザQ&A(FAQ)

家族滞在から定住者に変更したい高校生

卒業後も日本で就職活動したい外国人の方へ
卒業後も留学生がアルバイト先で働くには?(特定活動46号)

 

 

 
 
 

相談無料です

 

 
ビザ取得にあたってはわからないことがたくさんあるかと思います。その不安をできる限り少なくするためにも就労ビザに詳しい行政書士にご相談されることをお勧めいたします。
 
 
金森国際行政書士事務所では入国管理局への申請取次ができる代表行政書士が直接対応させていただきます。就労ビザについてはお任せください。
 
 
あんしん無料相談を承っています。お客様それぞれの事情に合わせた最適なご提案をさせていただき、許可取得を全力でサポートいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
あんしん
無料相談は
 
 
■お電話から10:00~20:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 
はじめての方専用ダイヤル
 
インターネットから24時間申込OK
 
 
 
 
 

無料診断受付中

就労ビザ

就労ビザ