トップページ > 出入国在留管理局への問い合わせ(審査部門とインフォメーションセンター)

出入国在留管理局への問い合わせ(審査部門とインフォメーションセンター)

出入国在留管理局に問い合わせる場合、2つの問い合わせ先があります

 

 1.就労審査部門

 

審査部門の電話はほぼつながらないか、つながるまでにかなりの時間を要するものとお考え下さい。審査する担当の方が通話中であったり、審査中であったり、とにかく多忙を極めています。

 

日本で就労する外国人の数も増加の一途をたどっていますので、審査部門の仕事量も増加傾向であることが要因です。

 

就労審査部門は実際に審査をして許可を出すかどうかを決める部門ですから、見解に信頼がおけます。電話で可能な範囲での複雑な事案を問い合わせるには、こちらに問い合わせれば間違いありません。

 

東京出入国在留管理局

 

0570-034-259

 

 

 

 

 

 

 2.インフォメーションセンター

 

比較的電話がつながりやすいので、一般的な質問をする場合はこちらに電話をしたほうがスムーズに情報を得ることができます。

 

一方で、こちらは入国管理局がアウトソーシングしている機関という性質上、就労審査部門とは多少見解が異なる場合があります。

 

インフォメーションセンターで大丈夫と判断された情報をもとにご自分で申請されて、審査部門で不許可とされるケースというのは実際にあります。ですので、複雑で判断に迷うような事案で心配な方は、審査部門に電話、もしくは直接相談に行かれることをおすすめいたします。就労ビザの専門家に相談されることも一つの方法です。

 

インフォメーションセンター

 

0570-013-904

 

 

 

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

技術・人文知識・国際業務(技人国)ビザ
技術・人文知識・国際業務ビザ必要書類
企業内転勤ビザ
高度専門職ビザ
高度専門職(高度人材)ビザとポイント制
医療ビザ
介護ビザ
教授ビザ
教育ビザ
研究ビザ
芸術ビザ
興行ビザ
インターンシップ(特定活動ビザ・短期滞在ビザ

VISA(査証)とビザ(在留資格)の違い
在留資格認定証明書(COE)交付の流れ

外国人の転職と就労資格証明書
外国人雇用と雇用契約書作成時の注意点(サンプル付)
外国人雇用(就労ビザ)でもっとも注意することは?
外国人を採用面接する際の質問事項
外国人採用のプロセス(海外から呼び寄せる場合)
外国人採用プロセス (日本にいる留学生・転職者を採用したい)
外国人雇用状況の届出
外国人と社会保険の適用 
就労ビザと中国の学歴
就労ビザとフランスの学歴
自分でビザ申請する場合との比較
横浜で就労ビザ申請なら
神奈川で就労ビザなら
在留資格一覧
就労ビザの審査期間

出入国在留管理局への問い合わせ

外国人アルバイトQ&A(FAQ)
資格外活動許可と外国人アルバイト雇用

不法就労で罰せられるのは外国人従業員だけじゃないですよ

ビザ申請に必要な納税証明書はどこでもらえる?

ベトナム人のVISA(査証)申請手続き

アクセス

ビザ無料相談

 

 

専門家への相談予約はこちら

 

 

相談無料です

 

ビザ取得にあたってはわからないことがたくさんあるかと思います。その不安をできる限り少なくするためにも就労ビザに詳しい行政書士にご相談されることをお勧めいたします。
 
 
金森国際行政書士事務所では入国管理局への申請取次ができる代表行政書士が直接対応させていただきます。就労ビザについてはお任せください。
 
 
あんしん無料相談を承っています。お客様それぞれの事情に合わせた最適なご提案をさせていただき、許可取得を全力でサポートいたします。
 
 
 
 
 
あんしん
無料相談は
 
 
■お電話から10:00~20:00
■インターネットから24時間
■無料相談は完全予約制です
■お急ぎの方、土日祝日も対応可能です
 
 
はじめての方専用ダイヤル

 
インターネットから24時間
 
 
1度自分で申請して不許可になった方はこちら
 
 

 

無料診断受付中